複数の単語から2010の文書を内容の1のテーブルを作成します

あなたは非常に長いドキュメントを作成するが、Wordのマスター文書特徴を扱うの考えを嫌いしていますか? Wordでマスター文書機能が破損している文書に、過去に知られています。

マスタードキュメントを使用して回避する方法があります。あなたは、あなたの文書の各セクションに別々のファイルを保存し、別のファイルに内容の共通テーブルを作成することができます。これは、いくつかの手動で書式を必要とするが、それはそんなに難しいことではありません。これを行うには、内蔵のすべてのあなたの別のセクションの文書にWordの見出しスタイルを使用する必要があります。また、プロセスを簡素化するために、我々はあなたがすべての独立したセクション・ファイルと同じディレクトリ内のコンテンツファイルのテーブルを配置お勧めします。

目次を含んでいるファイル名で示し、目次の新しいWord文書を作成します。

リボンの[挿入]タブをクリックします。テキスト群では、クイックパーツをクリックし、ドロップダウンメニューから[フィールド]を選択します。

[フィールド]ダイアログボックスが表示されます。選択して下さいフィールド]ボックスで、フィールド名のリストにスクロールダウンし、リファレンスドキュメントの略RDを、選択します。

フィールドプロパティ]ボックスで、目次に含まれる最初のWord文書の名前を入力します。 Wordファイルは、コンテンツファイルのテーブルと同じディレクトリにない場合は、ファイルへの完全なパスを含めるようにしてください。

注:すべてのWordファイルがコンテンツWordファイルのテーブルと同じディレクトリ内のコンテンツのテーブルに含まれることを続ければ、それは便利だ場所です。

Wordがファイル場合は、以下を含むされているコンテンツファイルのテーブルと同じディレクトリにある、パスを選択して[フィールドのオプション]ボックスに、現在のドキュメントのチェックボックスを基準にしています。

[OK]をクリックします。

あなたが文書のフィールドコードが表示されない場合は、[ホーム]タブをクリックし、非表示のテキストを表示するために、段落記号ボタンをクリックします。

目次に含める各Word文書のための上記の指示に従ってください。

我々は、フィールドコードの前にドキュメントの先頭に目次を挿入するので、最初のフィールドコードの前にカーソルを置き、Enterキーを押しますしたいと思います。そして、リボン上の[参照]タブをクリックし、コンテンツグループの表に目次をクリックします。自動表のオプションのいずれかを選択します。

目次は、カーソルの位置に挿入されます。あなただけ(あなたが挿入されたRDコードに似ています)表示されたフィールドコードが表示される場合は、目次を表示するには、フィールドコードとAltキー+ F9キーでカーソルを置きます。

あなたはすべてのページが番号が付けられていることがわかります「1.」は、当社の文書のそれぞれは、1ページのみで、最初のページ番号として「1」で始まります。手動微調整が出番です。あなたは、目次に含まれる文書のそれぞれの開始ページ番号を変更する必要があります。

注:文書の多くを持っている場合、これは時間がかかる可能性があります。ドキュメントとページングの変更を更新するたびに、正しいページ番号を開始するには、その1の後に、すべてのドキュメントを更新する必要があります。

目次に含まれる第2の文書を開きます。何ページ番号が文書内にまだ存在しない場合は、リボンの[挿入]タブをクリックし、[ヘッダーとフッター]グループ内のページ番号をクリックします。ドロップダウンメニューからページ番号を配置する場所を選択し、サブメニューからスタイルを選択します。

開始ページ番号を変更するには、ヘッダーとフッター]グループで再びページ番号をクリックし、ドロップダウンメニューから[書式のページ番号を選択します。

ページ番号の書式]ダイアログボックスで、編集ボックスで、[スタートで開始ページ番号を入力します。あなたはボックスに値を入力すると、ラジオボタンでのスタートが自動的に選択されます。 [OK]をクリックします。

目次に含まれる文書のそれぞれの開始ページ番号を変更するための上記の手順を繰り返します。すべてのドキュメントが更新された場合には、再度コンテンツWordファイルのテーブルを開きます。カーソルを目次フィールドのテーブルを置きます。一部のオプションは内容のテーブルの上に表示されます。更新表をクリックします。

あなたが含まれる文書のいずれかに追加の見出しを追加した場合は、任意の新しい見出しを追加し、削除された見出しを除去することを含むテーブル全体のちょうどページ番号を更新する場合は、次のダイアログボックスが表示され尋ねます。必要なオプションを選択して、[OK]をクリックします。

別の文書で行われた変更を反映するために、ページ番号を更新。

目次に含める別のドキュメントがたくさんある場合、これは面倒な作業ですが、それはマスター文書を使用して回避する方法です。このソリューションは完璧ではないが、それは動作しません。

Wordでこれを行うと、私は吐きたくなります。ラテックスを使用してください!

これは何のために多くの仕事です。でもMsは今、どん​​なに長い間、マスタードキュメントを無視していない(2010年にそれを見つけるためにしよう)と、単に1つのファイルを使用することをお勧めします。見出しを使用して、あなたが行ってもいいです。

WordPerfectのを使用してください。はるかに簡単!

私は、例えば、3つのレベルを示す断面目次と200ページの文書を持っていますセクションA、トピック1、見出し1と私は、または文書自体(単独2ページである)コンテンツセクションのいずれかでは問題がありませんでしたしました。たぶん、あなたは2000ページの文書の話をしていますか?あなたは「非常に長い文書を「何を分類していますか?限り、あなたは見出しを使用し、それらを正しく設定として、問題は生じません;。乾杯

ジャック:私はWPとWordの両方でこれを行うと、Wordが明らかに容易です。あなたがWPに行う必要があるとして、あなたの文書の書式に応じて、あなたは通常、手動でWordの目次にそれを得るために各エントリをマークする必要はありません。もちろん、あなたがWordで行うと同じようにWPであなたの目次エントリをタグ付けするスタイルを使用できますが、WPのユーザーの99%がその機能を使用する方法がわかりません。ほとんどのWPユーザーが手動ですべてをマーキングの痛みを伴うプロセスを経ます。

見出しのBetteridgeの法則」は疑問符で終わる任意の見出しがないと答えたことができない。」と述べています