読者に尋ねる:あなたはどのように印刷コストを最小限に抑えていますか?

在宅印刷が低すべての時間であるかもしれないが、それは、プリンタがダウンして出ているわけではありません。今週は、ご自宅の印刷設定とどのようなあなたはコストを抑えるために何について聞きたいです。

Purdman1による写真。

あなたの家の印刷コストを最小限に抑えるために使用するどのようなヒントやトリック、私たちはそれらについて聞きたいです。でも、プリンタを持っていないのですか?レーザー印刷のみを使用できますか?あなたが必要とするだけのものを印刷するために、特別なブックマークレットやブラウザのアドオンを使用しますか?タブレットの代わりに印刷する船舶ファイル?どのようなそれはあなたが印刷コストを削減し、ご自宅の印刷ワークフローを管理するために、我々はそれについて聞きたいということです。

あなたが言ったことを一斉検挙のために金曜日に戻って確認その後、印刷のヒントやトリックとコメントでオフに聞こえます。

私はB&Wのコピーに最適です古いHPのレーザーを持っているより多くのコピーを行う必要がある場合、私はちょうどグレー&草案に私のインクジェットを設定するほとんどの「クイック」のプリントアウトについては、(HP 1100)古代でなければなりません

何も良い、色必要な、私のユーザーインクジェット、安くはないが、その存在のためのもの。

PDFやファイルの代わりに、ハードコピーを印刷します。

船の私のタブレットへのファイルの代わりに印刷、印刷会社に他のジョブを外部委託しています。

私がダウンしてインクコストを維持し、そのインクを無駄に避けるために「何をLike.com印刷」するためのカスタムCISSを使用しています。

私は、PDF形式に直接印刷するプリモを使用しています。あなたはそれをプリントアウトした文書のコピーを保存しないようにする必要がある場合、それは紙とインクコストのトンを保存します。私はどこかで私と一緒にその文書のコピーを取る必要がある場合、私はその後、Googleドキュメントにアップロードし、それを表示するには、私のサムスンギャラクシータブ10.1を使用します。

OneNoteの+ PDF AnnotatorのとのThinkPad Xシリーズのタブレット…

レーザープリンタ。あなたは原料の多くを印刷する傾向がある場合は、トナーカートリッジを使用すると、(少なくとも私の限られた/事例の経験で)インクジェット支払うものと比べて汚れ安いです、特に以来、持っている必要があります。

あなたの以前に信頼性の高い古いプリンタは、次の週に爆破することを確認ですので、一度に予備のカートリッジの£120価値を購入しないでください。聞かないでください…

すべてはPDFファイル、なし印刷として保存されます

ここでは、私の広告代理店での印刷コストを削減する方法です

1. S; 1カラーレーザージェット用プリング

2.あなたのトナーカートリッジのための良い一般的なブランド(ほとんどが最悪で名前のブランドのトナーの半分のコストである)を見つけます

3.ネットワークプリンタ。

仕事に4.Adjust品質。 (ほとんどの場合、家の記録や印刷にするのに十分な低品質)

そして、紙以来、印刷コストの一部です。

5.リサイクル紙、ページを台無し場合は、それを維持、他の側は、テストプリントや整列のために使用することができます。

私はできるだけ多くのPDFに印刷するが、私は物理的なコピーを作成する必要がある場合、私はページごとに以下のインクを使用するフォントで小さな穴を印刷ecofontを使用しています。無料版はインクで15%の削減を誇り、あなただけのフォントをインストールし、プログラムのデフォルトとして設定する必要があります。これは、ベラなきタイプフォントだが、完璧なインクやレーザージェットと少しを保存します。

黒と白のために、私たちはそれを所有してきた5年間で、それが必要なのは2トナーカートで$ 160のコストだ…それが私の妻との…安いレーザー(リベートと販売の$ 80)を購入しました。クラスのノートを作成するためにそれを使用して(教師)、…

色のために、我々はそれが主に写真や私の3Dartworkだったので、我々は単にウォルマートにそれを取ると写真機であり、それを印刷..私たちは少しのためのインクジェットをあきらめました。

他の人と同じように私は、PDF文書に印刷し、私のiPadで読みました。また、私はKindleのにそれらに電子メールを送り、そこにそれらを読んで。私は私のKindleを持って以来、私は唯一の2月から約2文書を印刷しました。

私はお金のようにスペースを節約するためにできるだけ多く、できるだけ多くの印刷を避けます。 LaserJetプリンタの先行投資コストが高くなっているにもかかわらず、1ページあたりのコストは、インクジェットよりもはるかに少ないです(私は、のどが渇いて、それらのインクの別の1所有しがちな品詞を詰まらせるだろう方法はありません)。私はコピーセンターで印刷を使用するより安価であるB&WのLaserJetを持っています。まれに私は、私は印刷用のUSBスティック上のコピーセンターにファイルを取り、カラープリントアウトが必要です。希少なカラー写真プリントのために、私はウォルグリーンで、同じことを行います。

私はできるだけペーパーレスになろう。私はどちらかのコピー、私を維持し、(私は、ドキュメントを編集したり、情報のいくつかのsnippitsを結合する必要があるときのみ)Wordファイルに貼り付けるオンライン参照するか、私は(Adobe社のAcrobatを使用してPDFに直接変換する任意のデータがより詳細に制御を持っていますほとんどの仮想プリンタ)。写真やグラフィックス私は通常、元のファイルの種類で保存します。

私は過去7年間撮影したすべての写真は、デジタルされています。私は表示や保存のために自分のコンピュータ上のファイルを保持します。私は非常に稀にそれらを印刷しません。

私は、これらの日のほとんどの時間をスキャンするための私のプリンタを使用します。私は11ヶ月前に紙の連を買って、まだそれの2 / 3rdsを持っています。ほとんどすべての私のcorrespondanceのは今デジタルです。 AirPrintを互換性のあるプリンタの購入を考えたが、私は気にする理由がわかりません。

最後私もリフィルと、like.002セント/ページまたはそのような何かを保存したのLaserJetのための私のインクジェットを販売し、数学を走りました。だから私はしばらくの間、私の信頼できるHPのリフィルにこだわりれます。あなたが頻繁にあなたのインクカートリッジを補充し、OEMソリューションを必要としない場合にのみ、レーザーは素晴らしいです。

いまいましいインクジェットプリンタを捨てます。これは、カートリッジの製造業者によって人類時に推力痘です。少ないあなたは、彼らが目詰まりより、多くの場合、それを使用しています。使えば使うほど、より多くのそれはコスト(IMO、印刷されるページの量に不均衡)。一般的なカートリッジがそうであるようにDIYのリフィルは、せいぜい悪い冗談です。方法は、それを取り除くセーブ、このサイクルの外にはありません。例えば、それはエプソンだと、彼らはプリンタの別のタイプに変換する際に意図していない限り、いずれかの友人にそれを与えてはいけません等のPCB(プリント回路基板)マスク、3D、[Epsonsは、圧電カートリッジを使用。]自分の速度を持つようにインクジェットでプリントの品質は、長年にわたって増加しているが、コストはほとんどのインクジェットを所有しているのいくつかの特典を正当化しない、で私の経験。プリンタはありません、交換用カートリッジと同じかそれ以下のコスト場合は、詐欺の少なくとも潜在的な指標であるべき?

それは私がほぼ独占的に私の仲間、家族、友人にレーザープリンタをお勧めします、と述べました。幸いなことに、私は非常に知的なガールフレンドが2年前に私はクリスマスのためのHPのレーザープリンタを取得していた、それは絶対に素晴らしいされています。プリントは、はっきりとスミアフリーですが、私は出血プリントせずにそれらの上に蛍光ペンを使用することができるだけでなく。その上で、私は透明度および/または雑誌のページにPCBマスクを印刷するためにそれを使用し、自宅で自分のPCBを作るためにそれを使用することができます。ああ、それは私が今まで見たり使用した任意のインクジェットプリンタよりも速くページを出してくれる。大きな暗い/黒い領域の画像は非常に迅速にトナーを食べるようになるので、あなたはかかわらず、印刷何に留意します。

私はカラー印刷をしたい場合は?私は(それは周りにまだある;スキャナはまだ御馳走に動作し、その統合されたカードリーダーがそうであるように)期待して、私の昔のオールインワンインクジェットプリンタのカートリッジが詰まったり、インクの出ていないことを祈ってのオプションを持っているか、私がすることができます他の誰かが私のために印刷したのより経済的なルートを行きます。私は通常キンコーズ(今フェデックスオフィス)を通過し、送信したり、印刷用のUSBドライブ上にファイルを持参のいずれか。それは、迅速、簡単、比較的安価ですが、私はカートリッジやメンテナンスのために支払う必要はありません、と品質は私のニーズのために許容以上のものです。今までならばまれに、私はので、私は食料品のためによ次回は私と一緒に大丈夫ですそれらを拾う」、右NOW “カラー印刷を必要としないでください。私はB&Wのコピーの一握り以上を必要とする場合、彼らはあまりにも、他の場所で印刷するために消灯します。

大学生のためのオプションは、それらが利用可能なら、そのキャンパス内の印刷機能を使用することであるかもしれません。私は大学に出席したときに黒と白、さらにはカラープリント、非常に経済的な価格れた、と私は、コストは技術のペースを考えると、今ではあっても低くてもよいことを想像します。ラボは、任期の終わり近く、同時に彼らのレポートから印刷しようとする人々の完全な場合は、キャンパスのコンピュータラボは厳格な印刷クォータを強制する、または場合は特に、そこに学生のためのショット価値があるかもしれません。

最後に、コストを最小限に抑えるための最善の方法は、(ちょうどここに私と一緒に行く)は、より高い効率で達成することができる、より少ない印刷する、もちろん、です。しかし、この文脈では、効率が何を意味するのでしょうか?以下のページを印刷するだけで、特に広告や関連分野、いくつかの状況ではオプションではありませんが、他では、それはいくつかの非常に単純なアクションを取ることを意味することができます。シートごとに複数のページが両面に印刷、印刷、余白を展開し、使用それは利用可能だし、コントラスト/品質を下げた場合に再生紙を適切に設定(エコノモードを使用します)。これらの操作を行い、あなたはより少ない消耗品を使用して行う印刷、すなわち、より高い効率を得ています。いつものように、メーリングリストへ。

私は印刷する必要があるとき、私は「経済」と「高速」印刷設定を使用して、黒インクのみのプリントアウトを印刷するために全力を使用しています。

トムと同じように、私は自由PrimoPDFのプリントドライバを使用します。私もPDFに「印刷」にそれは本当の迅速かつ容易にし、コンテキストメニューに私の送信へのショートカット」を変換するためにドロップファイル」を追加;のhttp://www.primopdf.com/

私はちょうどあなたの有益なブログにつまずいたと私は本当にあなたのブログの記事を読んで楽しんでいることを言いたかったです。私はあなたの頻繁な訪問者となります。

それは私が、トナー、インクカートリッジよりも安くなることを望んで、黒と白のレーザープリンタをインストールした後に、この質問は1日尋ねた見に面白いです。当社のインクがぶ飲みカラーインクジェットプリンタは、カラーカートリッジに大金を費やした後に死亡しました。また、最近では、インクジェット印刷ジョブの前に自分自身を下塗りされたすべての時間は、それが素数ノズルにスポンジにいくつかを噴霧インクを無駄にしていることが分かりました。我々はいくつかの魂の検索を行なったし、多くの場合、私たちは本当に私たちが家庭で写真を印刷していなかったので、カラーで印刷する必要がなかったか、自分自身に尋ねました。

私は多く印刷されません。私はプリンタを買ったときしかし、私は4つの異なる色のcartrigesを保持しているプリンタを買うことにしました。印刷コストの大部分は紙を買っていない、色cartrigesを買ってから来ています。色の上がなくなったとき、私は、特定のcartrigeを変更する必要があります。

のみ(単一cartrigeに必要なすべての色を持って)1 cartrigeを保持するモデル上では、プリント当たりのより高い印刷コストが表示されます。一つの着色されたインク4のうちcartrige(または3)あなたがまだ残っている他のインクをたくさん持っているかもしれないが不足する可能性があります。この問題が発生したとき、あなたは全体cartrigeを変更する必要があります、これは非常に費用対効果ではありません。

私はシートごとに2ページを印刷します。小さいフォントは少ないインクを使用しています。同時に、私はあまり紙混乱を取得します。

私は自宅やそれらを商業的に行わ取得のいずれか、誰がインクジェットカートリッジを補充言及していない驚いています。私は小さなモノレーザープリンタを購入し、クローン化されたトナーカートリッジまたは購入リフィルを購入することを計画してきました..

誰もが今日ディルバートを参照してください?怖い厥…;のhttp://www.dilbert.com/2011-10-20/

私はできるだけ少ないとして印刷してみます。私の家族は、時間から時間に印刷んので、私は、高速ドラフトと黒インクのみに自分のHPプリンタを設定します。しかし、先週、私のプリンタはクレイジー行き、カートリッジを空に、フルブラックのページを印刷するために始めたので、すべての節約が船外に投げました。

私はまた、ドラフト紙などすべての悪い、古いプリントを保ちます。私は試験を持っているとき、私はできるだけ多くの演習を行うためにそれを使用するので、私は私のノートブックのページを費やしていませんよ。しかし、最後に私は、その目的のために、その数式エディタでWordを使用します。

inksaverと呼ばれるソフトウェアを持ちます。あなたは印刷するときに保存するために、インクの割合を選択することができます。

CISは、大規模なインクコストを削減し続けます。しかし、多くのものは、私は私のKindleに送信しない – 全く印刷コストを!

注文請書のようなものをPDFに印刷され;それ以外のものは、デュプレクサ/ W B&W LaserJetプリンタに印刷されます。

維持するには高価すぎる – 私は、インクジェットプリンタを所有していません。

1. PDFドライバに印刷し; 2。私のソニーの電子書籍リーダーのためのto.epubを変換するためのFirefox GrabMyBooksの拡張機能

Fineprintと基本的なモノブラザーのレーザープリンタは、私のためにそれを行います!

私は、用紙の両面を使用します。もはや写真を印刷しないと、彼らは「私は光置き換えが「オンになった後、長い時間であるインクのうち実際にあるまで、インクジェットカートリッジを交換しないでください。

私は絶対に常にPDFに印刷します。 、あなたはそれがものを見つけるためにかかる3分を投資しないように狂気でなければならないであろうPDFに印刷し、それをダウンロードし、それをインストールし、そしてどのように把握するので、多くの無料の方法がありますがCutePDFとBullZip PDF Printerは続きは私の個人的なお気に入りですそれを使用することができます。

私は絶対にハードコピーが必要な場合は、私がのLaserJetに黒と白のために行きます。色のネジグラフやチャート、人々は黒と白に対処する必要があります。そして、ええ、高速印刷サービスは命の恩人です。私は人々がいることを言及しているカップルを見て、彼らはquickprintsのことについて間違っていないです。時間やトナーを節約できます。私の上司は私の倹約印刷:)で彼の楽しみを表明している(彼にお金を節約できます!)

このような印刷写真などの色の仕事のために、私は、インクジェットプリンタ(ジョブに応じてHPとコダック)を使用します。私は私の顧客のための写真撮影や印刷のプロモーションを行うように私のお金のほとんどがどこに行くその権利があります。彼らは完璧でなければならない、と私はそれを私は半分にそれを行うために会社を支払うためのより完璧な行うことは安いです – @ $$編。

ビジネス印刷;私は低トナー単価ページを持っている高価な(> $ 1000)カラーレーザーを使用し;これは、より高価なプリンタ、安価なコスト/ページのように思える;ラフ数字で、私は約後ということを理解します2万ページは、私は先に私が+/- $ 500カラーレーザーを使用した場合、私は次のようになりどこのです。

私は、プリンタを購入する前に私が最初にすることは、インクカートリッジのコストを比較しています。それだけでもう印刷されないまでも、プリンタはあなたに「警告インクが低い」というメッセージを与えたときに、それを無視。あなたはそれから抜け出すことができますどのように多くの複数のシート驚くだろう!:-)

OneNoteのに印刷します。私は私の人生を管理するために、その小さな宝石を使用します!

私はグレースケールに私のプリンタは黒と白のデフォルト。必要のない偶発的な印刷色ないか、または高デフありません。私は色やハイデフが必要な場合、私はOK選択する前に、プロパティボックスでそれを変更します。また、私は、印刷前に印刷プレビューを行うと、紙の使用量とホワイトスペースを最小限に抑えるためにサイズを変更します。

印刷されません。印刷コスト=ゼロ

また、私があれば、いつ入手可能な、ライン上での一般的な互換性、同様のカバレッジ、プリントカートリッジを購入し、私は、インクコストの75%まで節約します。

印刷コストを低く抑えるための最善の方法は、FinePrintを使用することです。それはunnecessay印刷の多くを保存します。私は通常、1シートオペアンプA4用紙(両面)に4ページを印刷します。 FinePrintは、プリンタを使用してeveroneためのプログラムを持っている必要があります。印刷ウェブページの場合、印刷フレンドリー、可読性やJoliprintを使用します。これは、インク/トナーの節約します。

eBayのオフシートと安いカートリッジあたり2ページ

私はもはや、このようなトナーセーブフォント/ソフトウェアなどのトナー節約方法を、使用するために使用しない…しかし。可能な限りその代わりに、私は今、「PDFに保存します」。

*多機能レーザーは、内蔵の「トナー節約」モードを持っている私は、「PDFにスキャン」することができます – と – ;。*自動二重化レーザは半分に、高品質の求人 – と – カット紙の使用のためである;。*色インクジェットは写真だけのためです。

私はこれまでのところ、私は6ヶ月で£70の上に保存されている(家庭用無料)PretonSaverを使用します

数年前、私たちのプリンタは消耗し、私の子供たちが高校や大学に入ったとして、いくつかの技術をピックアップするために必要とされました。私たちは、古いジレットのマーケティングをしてインクジェットでおもちゃが、/()彼らにかみそりを与え、今日の市場でのブレード(またはプリンターとトナーを販売過度に明らかです。

私たちは、生産から出る古いサムスンのカラープリンタを見つけました。私はちょうど私がネットワーク版を購入していましたなあ。私の娘は十分に印刷された、私たちは彼女にレーザーワットのb /を得ました。それは私たち、無大きな問題に適しています。まだ、私達が持っていた古いHP LJ IIとしての「防弾」など。 【HPLJIIの問題点の一つは、それが死ぬことはないだろうでした。最後に、スキャナモータは8+年後に死亡したので、それを取り除くための口実でした! ]

レーザープリンタの経済学は、(数年前)、その後インクジェットよりも有意に良好であったが、私が見てきたものから(いや、私は最近、それを研究していない)変更されていません。あなたは週に数回を印刷した場合、実際にインクジェットが良いです。あなたはそれ以上を印刷する場合、トナーのコストがはるかに安価であり、(私たちが行うように)あなたがはるかに少ない印刷する場合のトナーのようなインクジェットカートのDOの間に乾燥しません。

カラーレーザーは、それが濡れた場合、それが不鮮明にしないためにも素晴らしいです(私の妻は彼女の毎日の仕事のメモのための天候のすべての種類の馬の納屋にプリントアウトを運びます)。水ベースではないインクジェットのバージョンがあるかもしれません。

私たちは、「絵」インクジェットプリンタに見ました。彼らは他の人と同じ問題を抱えているが、解像度は、彼らが私たちの「消費者レベルの市場で競い合ったレーザーよりも優れています。それでも、私たちは私たちの写真が(ライン上またはストアのいずれか)安くウォルマートで印刷があり、物事は重要ではなかったときにレーザーを使用することができます。

私はワックス嘆願プリンタを考慮しました。彼らの供給は、インクジェットのように乾きませんが、プリントアウトは、ホットにワックス塗抹標本を取得する場合。

レーザープリンタでの大きなオプションは、より多くのメモリ(それは単純に、ポストスクリプトを処理する場合、それはファイルのプリプロセスに対するサーバの上で、それが依存することはできませんので、それは特にかかります!また更にネットワークサポートに限りとして)です。

今日はさらに少ない印刷が、私は、カラーレーザーの代わりにインクジェットで戻って行くだろう。それは、印刷ジョブを待っている間に老化用品ずに印刷する「準備ができて立つ」だろうという理由だけで。

MASSIVEのカートリッジを使用してのれんから古いレーザープリンタ(* 10K)を購入し、それらはカートリッジの世界で補充されます。以下のような$ 50と私はあらゆる種類のものを印刷するための印刷の2年間。カラー印刷は、しかし、注意して行われます。お近くの営業権を確認/ VOAは、彼らが頻繁に古いハードウェア上の偉大な価格を持っています

私の印刷の95%は、ブラックインクのみでドラフトモードです。まれに私は、通常モードまたはカラーで印刷されません。

私はS&H、税金を含めたったの$ 7.50それぞれ、香港でのサプライヤからeBayで私の42ミリリットルHP45インクカートリッジを購入します。

私はプリントアウトして配布するために使用するカップルのニュースレターの編集者です。私は紙とインクを多く使用し、それは多くの作業でした。誰もが(practicaly)コンピュータを持っています。なぜ私のプリンタでプリントアウト?私は、彼らが自分のプリンターでご希望の場合ならば、私の読者はそれを印刷してみましょう。私は今、クラブのウェブサイト上のニュースレターを投稿してください。作成し、機能を編集するニュースレターを編集するための作業量は、現在最小であり、私はもはやSIZのように、一定の制約がありません

私はプリントアウトして配布するために使用するカップルのニュースレターの編集者です。私は紙とインクを多く使用し、それは多くの作業でした。誰もが(practicaly)コンピュータを持っています。なぜ私のプリンタでプリントアウト?私は、彼らが自分のプリンターでご希望の場合ならば、私の読者はそれを印刷してみましょう。私は今、クラブのウェブサイト上のニュースレターを投稿してください。サイズ、フォント、色、のように私は私がやりたいこと、機能を編集するニュースレターを作成および編集するための作業量は現在、最小限のではないと私はもはや一定の制約があります。 (期間。)

不完全なポストのための私を許し。ただ間違ったキーを押すと、パッと消える、それが逝ってしまいました!

私は最初のコンピュータを得たとき、何らかの理由で私は、私はすべてを印刷すると思っていました。今、私は私が必要なものを印刷して、私は二重サイディングを使用します。

私は、(例えば、ボトム1」のみ印刷された片側のように)最低限使用24#紙のソースを持っています。すべての私のドラフト印刷は、両側に「エコノモード」で行われます。めったに私は他に何もしないでください!そして、私は私のプリンタは、私がすべきと言う理由だけでインクカートリッジを交換しないでください。

私は印刷すると(私はまれに行う色を、必要がなければ)それはトナーセーバーに黒/白のレーザープリンタであり、どちらか一方の側、またはその両方(二重および辺あたり2ページ)上の2つのページを両面印刷します。私は何も上のトナーセーバーなしで印刷する必要はありませんし、私はそれでだながら、私はすべての方法ダウンDPIをクランク。

しかし、それは私が印刷する必要がある場合のみです。小さな編集する傾向があるもので、複数回、複数の50-100 +ページの原稿を生み出し、プラス彼らと一緒に印刷する必要がどのようなリアクションとき、それはほぼ同じによって50から75パーセントによって、紙の使用とトナーの使用量を削減するのに役立ちます。

もちろん、私はできるだけ印刷しようが、同じ文書に数時間のために働いたときに私の目は私がしなければならないすべてのスクロールから私の頭のうち、右ロールバックする準備ができているようにそれはちょうどようです。

それはカラー印刷に来るとき、私は単にインクジェットが低いDPIの場合でも、完全な豚であるため、人間的に可能な限り多くを控えます。問題がある:私は色を印刷する必要があるとき、それはちょうどそのように見えるので…低品質、またはワードに、ゴミを、私は通常、低品質のものを印刷することはできません。 (*咳*アーティスト*咳*)

後で参照するために、このサイト上で有用な情報を保存するための最良の方法は何ですか?私はPDFに、この記事やコメントを印刷しようとしたが、それは本体の後に印刷]ボタンで切り捨て。 Aaargh。

私は、HPのB /ワットのiNKTジェットを持っていた。私は印刷コストに困惑しました。私は、プリンタ、iNKT細胞浴のbottumで、私はiNKT細胞を見つけたVEW回を補充しようとしました。

その後、私は古いものを買うことができる、24針プリンタを使用されることはありません。そして、私はノーブランドのiNKT-リントカートリッジ(個あたりE2,50)のサプライヤーを見つけることができました。

だから今もあるため、それが作る騒音と比較的長い時間を、非常に低コストの印刷;。私はそれで非常に満足して。

コースの手紙のためではないが、それは文書「家の中」のために素晴らしいことだ、私は頻繁にシートごとに2ページを印刷するFineprintソフトウェアを使用しています。

私が列挙されているものの多くを行う; 1。 PDFへの私は、主に「印刷」; 2。私はハードコピーを印刷するとき、。私は可能であれば、一緒にドラフトモードを使用し、エコフォントと、b。可能であれば、私は一から二ページを印刷するステップと、c。私はページに印刷必要なものだけを取得する/編集をカットし; d。可能な限り、私はグレースケールを印刷する;しかし、私はコメントのおかげでから取り込むためにいくつかの新しいトリックを学びました!

インクジェットが定期的に使用されていない場合はドライアウトする傾向を持っているので、上記のいくつかのように、私はインクジェットにレーザーを好みます。私は湿ったそれらを保つために冷蔵庫/冷凍庫にカートリッジを入れて巻きます。ページごとの費用は、機械や特殊印刷の必要に応じて、私が使用して外部のプリンタを、コピーしようとしてより低いです。

私は実際に印刷されたページが必要な場合を除き、私はpdfファイルにdoPDFと印刷を使用しています。私は印刷されたページが必要ないとき、私はほとんどいつものみドラフト印刷で黒インクを使用します。それは、インクを節約し、静止画が、すべてにまともな品質を提供します;。最大の貯蓄は、インクカートリッジを補充から来ています。プリンタは安いです – しかし、彼らはカートリッジにあなたを得ます。本当に安い – あなたがそれらを補充に慣れたら、それはスナップです!

私は、次の操作を行うことに加えて、レーザープリンタを使用します。1。私はそれが半分の紙を使用して、両面印刷を好む; 2。 。私はエコノモードでの印刷; 3。私はそれが終了し、新しいものを毎回買うのではなく、トナーを補充します。私は、印刷の品質に応じて、少なくとも一度か二度再充填した唯一の後に本物のトナーを交換してください; 4。用紙を節約するために、可能な場合、シートあたり2ページを印刷します。

私はGreenprintを使用しています。私は通常、それをPDFに印刷します。私は本当に実際に何かを印刷する必要がある場合は、Greenprintは、私はしたくないページや画像を削除することができます。私は紙に印刷しない場合はもちろん、私はドラフトB&Wモードで両面を印刷します。

私はCISS(連続インク供給システム)を使用します。 $ 2.00 100ミリリットルのボトル。インク。

私はあなたにすべてのビートを得たと思う;私は、ファンフォールド紙で私の古い信頼できるエプソンLQ 300を使用し、。AUD4.00アブド周りOneリボンコストは永遠にkasts !!!。

よろしく; Grunps

私は、可能な場合は両側に、ドラフトモードで印刷、およびPDFファイルに印刷します。私は、Webページを印刷するたびに、私は背景色を印刷しないように設定されたデフォルトのブラウザを持っているか、私はPDFファイルに印刷して、フォルダに保存します。

PDFに印刷して、Evernoteのか、Dropboxのモバイルデバイスへのコピーを作成します。

ここではKorey

私は誰もが印刷コストでお金を節約について書いたものを読んで、私はほとんど、そうでない場合は、あまりにもそれらの事のすべて、などを行い、PDFに印刷し、他のデバイスに文書を保存し、高速ドラフトモードを使用して。しかし、私は同様に1他の技術を使用言って悲しいです。私のインクジェットプリンタのカートリッジは私には約白と黒のカートリッジのための$ 24..99 CDNを、およびカラーカートリッジ$ 29.95 CDNを要しました。私のインクカートリッジは、低得るようにしかし、私は販売のチラシで見て回ると、通常は約$ 19.95ブランドの新しいインクジェットプリンタを得ることができます。だから、新しいプリンタを購入すると、インクカートリッジを購入するよりも私のために安価であることが判明しました。残念ながら、それは私のごみの山で終わるプリンタの負荷を意味します。今では本当に悲しいです、あなたは思いません?

私は可能な限り、私はまた、用紙の両面に印刷するには、私のブラウザ(クローム)で画面キャプチャをたくさん使用しています。私はほとんどのお金を節約することは、私が枯渇(かつ高価な)インクカートリッジを補充するためにインストールしたアフターマーケット補充システムです。わずか10ドルで、私は私に長い、長い、長い時間を持続するのに十分なインクを持っています。言われていることを、私は個人的なもののために私のプリンタを使用し、私はビジネスのためにそれを使用しない場合、それははるかになりません。必要なときに私が使用する最後の小節は、視聴のために私のモバイルデバイスにファイルを送信しています。私は今、少なくとも6ヶ月間紙の同じ連があったと私はそれを介して約半分の方法です。

私は主にPDFファイルを使用しますが、私はいくつかのものを印刷しなければならないのとき、私はあなたにたくさんのお金を節約ん一般的なインクを購入しています。私は私を取得する場所インクステーション&自分自身で大きな節約であるなしの船積み料金です。

私のキヤノンip4200のカラーインクジェットを使用して、それは古いがまだ働いて素晴らしいことだ;。コストを抑えるために、私は「さそり座システム」と呼ばれるものをbougth、基本的には、チューブを介してプリンタにカスタムメイドのインクcartrigdeに付着したインク容器、です;ザ安いオンラインを購入することができる、バルクインクを使用して、プリンタが簡単に補充することができexternelインク容器からインクが供給され、システム全体がどこか90 $私の周りの費用がかかり、マニュアルに含まれています。

ポイントを蓄積チャージカードを持つすべてのあなたの食料品やガスを購入します。全く興味チャージがないように、ステープルやオフィスデポのためのギフトカードを取得するためのポイントを使用して、トトで毎月の請求書を支払います。ギフトカードを使用してインクカートリッジを購入。そうそう、頻繁にすることができますようにのようにドラフトB&Wモード両面に印刷します。

私は、ドキュメントを印刷するには、XPS、またはPDFを使用します。私は絶対にハードコピーが必要な場合は、私は、XPSまたはPDFドキュメントをプリントアウト。

印刷必要がいけないジョブのPrint2pdf; FinePrint、印刷する必要がないドキュメントの古いHPのレーザープリンタ; FinePrintがジョブをつかみ、あなたは透かし能力といくつかと一緒に多くの異なるフォーマットやスタイルで紙のシートごとに複数のページを印刷することができます。

主にそれが望んでいるときにのみ動作安っぽいプリンタを有することによって。それ以外の場合は妻のプロジェクトは、(彼女はプロのグラフィックアーティストだ)インクコストで私たちを破産になります。彼女は.lol …私のコスト削減手続きを回避するために、新しい$ 800 6カートリッジプリンタによって脅かしているが。

私は紙に印刷する必要がある、と私はグラフィックスを必要としないとき、私はコピーしてメモ帳に必要なだけのセクションを貼り付けます。

私はテキストのみを取得するので、これはすべての書式を削除します。

それから私はコピーして、必要に応じて私が編集し、フォーマットすることができますので、WORDに貼り付けます。

可能な限りPDFを使用してください。そうでない場合、次に

レーザープリンタ。ニーズに合ったが、合理的な交換用カートリッジ/ドラムコストを持っているものを見つけます。

交換用のトナー用http://www.monoprice.comを使用してください。

大きな事務用品店が$ 30以下の品質例(92明るいまたはより良い、20LB)を提供する場合、用紙を購入します。

(比較的)安価な印刷コストをお楽しみください。

私はCISSユニットを見つけるまで、すべてのリフィルの種類や再構築されたカートリッジを使用するために使用されます。これらのユニットは、(上述のように)元のカートリッジのセットのコストよりも少ないコスト。私のエプソンスタイラス写真1400ワイド印刷豚のインク!(カートリッジ×6あたり$ 19.00 @)このセットアップでは、私は、狂った、グラフィックス、多くの写真のようなものを印刷し、それは非常に合理的です。バルクインクは約です。約それを作る各色/体重8オンスボトル+送料当たり10〜14ドル。ほぼ年間の印刷のための$ 75.00かそこら、!また、私は非常に良い写真が元エプソンのインクと同様に良好であることを見つけて下さい!

もう1つのヒントは、!(印刷キー)と呼ばれるこの小さなプログラムは、私に莫大な時間と作業を保存しています!これは、約非常に安価です。 $ 19.00私は鉱山を購入したとき。また、優れたコピーを行います無料版があります;。使用するには、単にキーボードの最上段の(プリントキー)をインストールし、ヒット;。それ完全なページへ1ワードからのコピーは何も! (優れた写真のコピーが!)ちょうどあなたが何をしたいの周り(アリボックスをクロール)ボックスを配置し、保存または印刷ヒット!私は通常、デスクトップ上の予め作られ、名前のフォルダに保存します。その後、私は必要に応じて、私はできるだけ頻繁に必要とするものは何でも行うことができます!

印刷コストを削減する方法…

それは販売してい場合は特に、ステープルズ、オフィスマックスまたはオフィス・デポで最も安い紙を購入…しかし、場合によって。明らかに、再生紙は最も緑であるが、常に最低価格ではありません。あなたの良心は、その1のあなたのガイドです。

いくつかの種類の「連続インキング」システムは、おそらくより良いまだ、または、詰め替え可能なインクカートリッジのいずれかのために大量に購入したアフターマーケット用インクを、使用してください。私は、私のかなりの研究は、アフターマーケットの最良かつ最も安価であることが判明したものに、サードパーティ、バルクおよび連続インク供給業者を読者にリンクしたいが、私は何かを推進しようとしていると非難されないようにします。私はそこにすべてのアフターマーケットのインクジェット売春婦の中であなたのことを教えてくれたときにちょうど倫理的に動作し、非常にコスト効率よく私が見つけたインク、詰め替え可能なカートリッジ、および連続インクシステムの少なくとも1つのサプライヤがあると、私を信頼しています。そして、私はこのsupplerからインクを買うために起こるの方法は、私に私のプリンタ用のHPブランドのインクカートリッジを購入する通常のコスト80%オフのようなものを保存します。真剣に。私は、HPブランドのカートリッジを購入した場合でもあっても深く、それらを割引オンライン会社から…支払いに使用するもの、インクのために、今日、五分の一を支払います。プリンター企業の宣伝に反して、色が正常である、インクが続くと、それはプリンタやプリントヘッドを損傷せず、漏れはありません。一つは、ときに1リフィル(1つは何かを滴下以上何かをノックしないように)ゆっくりとそれを取る方法はない学習する実際には、ドロップは、それがになっていない任意の場所にいることを取得します。

それは、デフォルトでは「ドラフト」(または「経済」または任意のプリンタのメーカーがそれを呼び出す)モードで動作するよう次に、プリンタを設定します。あなたがする必要がある場合、任意の印刷ジョブのためのオンザフライ “ノーマル”、あるいは “最高の”品質、にそれを切り替えることができます。しかし、これだけあなたがするかという単純な日常の印刷ように「ドラフト」をデフォルトにプリンタを設定しますそれは最も小さいビット少ない暗い黒「正常」またはより「ベスト」モードが提供する、より少ないインクを使用しています見て他の人に与えても大丈夫ですかこれは、参照してください。

これまで、それほどslighhtlyインクの量を減らすために、そのような「インク量」または「オーバースプレー」やその他の設定などの設定を変更するには(それらが利用可能なら)事前のプリンタ設定を使用してすぐに、上の段落に関連しますどのプリンタが「通常」または「最良の」モードであっても紙に到達します。そのため、それらのほとんどは、湿潤剤及び紙を通して浸漬することなく、可能なインクの最大量を堆積させるために、それらのプリンタを設定し、高価なインクカートリッジは、可能な限りあなたの使用してアップなど多くのインク中の既得権があることを確認してくださいプリンタメーカー。 1のプリンタが(とは、すべてのプリンタソフトウェアがそれを可能にする)、高度な設定がある場合以下のインクが使用されるように、その後1は、物事を設定することができます – たとえほんのわずかに少ない – 悪印刷品質に影響を与えることなく、…場合でも、「ドラフト」モードで。

そこにそこにプラグインがWebブラウザへのユーティリティもあり、人は/彼は印刷したいのWebページの一部だけを選択することを可能にします。いくつかは、そのようにブラウザで確実に動作しますまた、それらすべてを調査し、必要な機能を備えていますどちらも1把握、および、そこにあります。私が試したものの一つは、実際にブラウジングを遅くし、増加したブラウザがクラッシュします。 Sadly, that was the one with the best features, so… go figure.

For non-browser printing there are utilities out there which will print pages two-up on a landscape-oriented 8.5×11-inch sheet of paper (or four-up, or even six- or eight-up… though at those sizes things become very hard to read on any given page, and the overall page starts to resemble a photographer’s contact sheet). Those same utilities will print easily-readable three-up on 8.5×14-inch legal paper.

Of course, there’s the old trick of not throwing-away printed pages which are no longer needed, annd which are printed on one-side only;and then printing new stuff on the unused/blank side. Of course, what’s printed on the blank side has to be something that only you’ll need for your internal stuff because you’d never want to give something like that to someone else. One must be careful, though, because not all printers are made to do two-sided printing, even when the means by which it’s achieved is manually turning the paper over and running it through the printer again. With some printers, so doing puts ink in places (typically on rollers) where the manufacturer never intended, and so the printer can start malfunctioning. With laser printers, especially, this can be a problem because there’s a heat process involved which melts the powdered toner that’s deposited onto the paper in little letter-shaped piles into the finished letters;and when the paper is run through the heat process, some printers only want toner on one side. In such printers, if there’s toner on the back side also, then the heat/melting process causes toner residue where it doesn’t belong (typically on the transport mechanism which moves the paper through the fuser (the part where the heat is generated). So before running any paper that’s already been printed on through any printer, make sure that the printer’s manufacturer says that the printer won’t be harmed by it.

Finally, there are downloadable fonts out in the world which are sometimes called “green” fonts which use less ink because if one looks at them on the printed page using either a microscope or very powerful magnifying glass, one can see little “holes” in them… little circular dots/places along the body lines of the letters where there’s no ink… in other words, little “holes” in the letters. This, allegedly, reduces costs by using less ink. Whether or not it ACTUALLY does (or whether the amount less that is used is in any way significant or consequential) is another matter. But it seems to me that such “green” fonts (or “eco” fonts, they’re sometimes called), if they even work a little bit, would, if coupled with my ink-reducing both advanced adjustments, and also use of “draft” mode, described a few paragraphs back, might potentially combine into some not-insignificant savings over time.

Those are all the things that I can think of, off hand.

Hope the helps!

グレッグL. DesElms、ナパ、カリフォルニア州USA; greggdeselmsでグレッグドットコム

Take out all the ands, ofs, thes……………………………………

I have a Lexmark X2650 which uses ink jet cartridges. When the cartridges are about half empty i inject 3mm of water into each of the ink chambers which more than doubles the life of the cartridge and has no noticeable effect on the quality of the printing. I know it sounds crazy but it works just fine.

I use Preton software. It prevents you from using excessive ink by adjusting the quality down. It will pop up after you hit “print” and you have the opportunity to adjust the settings before you hit “print”. It’s been good for me and it works on my home network. However, Preton has to be installed on all computers. Preton is free. You can find it by putting “preton” in your search engine search bar.

We use our laser printer for all black & white printing. We set our graphics to draft before printing to save ink.

Checkout Fineprint.(www.fineprint.com). Amazing program to save toner, ink and paper.;Saves more paper and toner, lets you choose double or single sided, remove graphics if you don’t need them to save much more ink when printing airline confirmations, web pages etc. and allows you to set different profiles for the laser such as 300DPI toner save, 600dpi graphics no toner save etc. Lets you preview prints, delete pages from a print before printing so you don’t print unneeded pages. Lets you specify number of copies, can reprint, etc. Makes the experience just fantastic.;One trick it allows is fairly easy printing of some double sided and some single pages in one print e.g. a tax return. You delete the single sided pages, print, undelete, delete double sided pages and print again. So easy.;I think it costs $50. I have had it for years and saved that many times over in ink, paper and convenience. It has a trial. Also allows you to create multiple printers. So if you have an inkjet, just click ‘Color’ or ‘B&W’ when you choose your printer and you don’t have to set anything else. Their support is also great.

I don’t let it run out of ink and refill ahead of time. My HP don’t like it and gives me warnings but works fine. Should it ever stop me from printing like my old one did I’ll replace it with a different make.

I never worry about saving ink because I refuse to get ripped off by buying their over priced cartridges.

I had to destroy a couple of cartridges to find out how they filled them at the factory. They sure don’t want you to fill your own.笑。 I’m running an HP Officejet Pro L7590 very nice machine.

The suggestion of buying a new printer that is on sale instead of buying an ink cartridge, may not be a cost saver even if the printer cost less than a new cartridge. Most new new printers come with a “starter” ink cartridge that contains a lot less ink than the replacement cartridges. So even if you find a printer that cost less than the replacement ink cartridge, you are also getting less ink.

Laserjet vs inkjet – I got a “free” corporate laserjet printer that was being dumped. Price was right! The “empty” toner cartridge lasted me over a year.

When you buy a laser printer, splurge for the automatic duplex (2-sided) feature. Much easier than manual duplexing. Enable 2 sided printing on your default printer driver so you don’t have to think about it;https://www.pcworld.com/article/201627/save_money_with_these_pennypinching_printers.html

Tools like PretonSaver, http://www.preton.com, that intelligently reduce toner use by reducing dot overlap and introducing minute white spaces

EcoFont, http://www.ecofont.com/, introduces macro sized white spaces into the font. If you zoom in on it you will see the dots. The thing is, the font has to be wider than a “normal” font at same point size, so you end up with longer documents

Define narrower margins on your pages. For example, Word defaults to a 1 inch margin. I change that to 1/2 inch with 0.2 inch gutter for 2 sided printing.

Reduce your font size by 0.5 to 1 pt. The size reduction is not noticeable, but it does save 10% or so on the ink.

Selective printing. Don’t print the whole web page, select the text to print and paste it into a blank word file. That can be done with tools like

Don’t print un-need images. Most web articles include graphics that are pretty to look at, but don’t actually contribute to the content. Who cares about the author’s picture, or that pretty graphic that has nothing to do with the article? And web sites include tons of advertising, including images that have nothing to do with the article, so lose them too.

The HP Smart Web Printing tool (free) allows you to grab parts of many Web pages and print them together as a single document. It has no layout capabilities other than reshuffling the order of elements, but it will print to any type of printer–HP or not.

そして

the FinePrint printer driver (free with restrictions, $50 to register). It sits on top of your normal printer drivers and lets you combine jobs, remove unneeded pages, convert to grayscale (to save on color consumables), omit images, and print up to eight pages per sheet

For users of older Epson printers, the SSC Service Utility (free) lets you reset counters and the like for many of the company’s Stylus-series printer cartridges. This tweak allows you to refill cartridges with your own ink without having to endure low-ink warnings.

I use PretonSaver Home Edition…it allows you to decide the percentage of ink you want to save per print and also tells you how much money you saved. You can get it for free at CNET.com

If I want to test a document, I print it as a PDF document, too. I use doPDF for that or LibreOffice’s function, depending on what I want to do.

For simple documents, I try to print them in grayscale and with draft option enabled.

For user manuals or similar documents, where I might need them in the future and that contain lots of pages and information that I may not require, I try to print them with 2 or 4 pages on a single paper sheet.

Finally, I keep separately bad printed papers or other useless ones and I use them to print personal or unofficial documents, from the back white side of each paper, which is clean.

While on your samsung galaxy tablet, and in the drop box application, is there a way to print from drop box to your wi fi printer?

The Japan-based YKK corporation manufactures more than 90% of the world’s zippers.